ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政

  • 2018年介護報酬 算定の留意事項

    2018年3月発行「2018年度介護報酬ハンドブック」の「算定の留意事項変更点」を掲載します。 算定の留意事項QA.pdf

  • 676市町村の事業者 総合事業 「みなし指定」 更新せず

     厚生労働省は4月12日、総合事業でみなし指定を受けた事業所が、指定を更新しない意向を示したところが、全体の4割近い676市町村にのぼることを明らかにした。  その結果、1,...

  • 混合介護のルール整理 ケアプランに保険外サービス明記

     厚生労働省は4月13日、政府の「未来投資会議構造改革徹底推進会合」で、介護保険サービスと介護保険外サービスを一体的に提供する「混合介護」のルールについて、整理した考え方を示し...

  • 厚労省 自治体へ文書半減の取り組みなど求める

    介護保険施策を説明  厚生労働省老健局は3月6日、「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」を開催し、全国の自治体担当者に向け、同局が所管する介護保険などの施策について説明...

  • 17年度処遇改善加算で月額1万2,200円増

     厚生労働省は4月4日、社会保障審議会介護給付費分科会(座長=田中滋・埼玉県立大学理事長)を開き、介護職員の給与や処遇改善加算の影響などを調べた「2017年度介護従事者処遇状況...

  • 要介護1は27回以上 生活援助「頻回プラン」届出

     訪問介護の生活援助中心型で、市町村へのケアプランの届け出が必要となる「厚生労働大臣が定める回数」案が明らかになった。要介護別に設定され、最も少ない要介護1は月27回以上で届出...

  • 生活機能向上連携拡充へ 外部リハでめざす自立支援

     厚生労働省は3月22日、2018年度介護報酬改定の算定に係る留意事項を通知、新加算等の要件の詳細が示された。「生活機能向上連携加算」は外部のリハ職等との連携方法や、計画作成の...

  • 厚労省 自治体インセンティブに予算200億

     厚生労働省は1月18日に、全国厚生労働関係部局長会議を開催し、各局長が来年度の重点項目や予算について説明した。老健局では、①介護保険制度の見直し②介護報酬③認知症施策の推進④...

  • 居宅介護支援の18年改定 医介連携、頻回訪問など

     居宅介護支援の改定事項は①医療と介護の連携強化②末期がん利用者のケアマネジメント③質の高いケアマネジメントの推進④公正中立なケアマネジメントの確保⑤訪問回数の多い利用者への対...

  • 18年改定どうなる? 生活援助・成功報酬・介護医療院

     今年4月からの介護報酬の基準、新単価が諮問・答申された。今改定の中でも、特に注目を浴びていたテーマとして、生活援助の基準・報酬の引き下げ、ADLの維持・改善の実績によるアウト...

シルバー産業新聞社発行書籍のご案内

>> 改定2018年版 介護報酬ハンドブック

全サービスの基本報酬・加算等を網羅した一冊です。

  • 詳細情報
  • お申込み


  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール