ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政

  • 障害福祉 次期改定の方向性とりまとまる

     厚生労働省の障害福祉サービス等報酬改定検討チームは12月8日、「2018年度障害福祉サービス等報酬改定の基本的な方向性について」をとりまとめた。  次期改正では障がい者の地...

  • 地域区分「完全囲まれルール」 隣接地域との格差解消へ

     介護報酬は人件費の地域差を調整するため、「地域区分」を設定し、地域別・人件費割合別(サービス別)に基本単価(10円)に対して、割増しを行っている。地域区分は1~7級地と、その...

  • 勤続10年以上の介福士に月8万円増

     政府は2019年10月に予定される消費税増税分の使い道として、勤続年数10年以上の介護福祉士に月額平均8万円相当の処遇改善を行うことを含む「新しい経済政策パッケージ」を閣議決...

  • 介護報酬6年ぶりプラス改定 +0.54 %

     2018年度の介護報酬の改定率はプラス0.54%となった。12月18日、厚生労働・財務両大臣の折衝後に公表された。臨時改定を除けば介護報酬のプラス改定は12年度改定以来、6年...

  • 認知症GH 看護師配置を手厚く評価

     11月15日の介護給付費分科会で、認知症グループホーム(以下、GH)の医療連携体制加算に新区分を設け、手厚い看護体制を評価することが事務局より提案された。新区分の具体的な要件...

  • 特養・老健 外泊時の在宅サービスの評価新設

      11月15日の介護給付費分科会では、特養が入所者の外泊時に在宅サービスを提供した場合、新たに評価することが論点に挙げられた。実施されれば一時帰宅などの期間に、制...

  • 特養 配置医の早朝・夜間診療を評価

      11月15日の社会保障審議会介護給付費分科会では、特養の配置医が施設の求めに応じて、早朝、夜間、深夜に入所者の診療を行った場合の評価が事務局より提案された。 ...

  • デイの栄養改善加算 管理栄養士との外部連携も

     厚生労働省は11月29日、社会保障審議会介護給付費分科会(分科会長=田中滋・慶應義塾大学名誉教授)を開き、口腔・栄養に係る報酬改定の論点を示した。通所系サービスでは、栄養ケア...

  • 厚労省 介護のエビデンスへ アセスメントの互換性調査

     厚生労働省は11月7日、「科学的裏付けに基づく介護に係る検討会」(座長=鳥羽研二・長寿医療研究センター理事長)を開き、介護のエビデンス構築に必要なケアアセスメント情報の収集方...

  • 厚労省 自治体インセンティブ案を提示

     厚生労働省は11月10日、社会保障審議会介護保険部会(部会長=遠藤久夫・学習院大学教授)を開催し、来年度から実施する、自治体への財政的インセンティブの評価指標案を示し、おおむ...

シルバー産業新聞社発行書籍のご案内
>> 安全快適な福祉用具活用

日常の介護保険業務に欠かせない情報がコンパクトにまとめられています。

>> 改定2012年版 介護報酬ハンドブック

福祉用具に関わる方が、用具をもっと知るための一冊です。

  • 詳細情報
  • お申込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール