ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

社会・時事・他

  • 高齢者3,588万人、高齢化率28.4% 総務省発表

     総務省統計局は9月15日、敬老の日を迎えるに当たって、高齢者の人口推計(9月15日現在)など「統計からみた我が国の高齢者」を発表した。  これによると高齢者人口は3,5...

  • 年金給付水準、今年度より2割減 ~ 厚労省 年金財政検証

     厚生労働省は8月27日、公的年金財政の見通しを示した「財政検証」の結果を公表、厚労相が社会保障審議会の年金部会に示した。財政検証は5年に1度実施する公的年金の健全性を点...

  • ハザマ薬局 薬剤師が訪問で効果・副作用をチェック

     ハザマ薬局を運営するファルメディコ(大阪市、狭間研至社長)の狭間社長は医師として2005年に特別養護老人ホームを訪問した際に、薬剤師が服薬指導を行う必要性を強く感じた。そこで...

  • ケアマネのアクセス力活かす 「古河モデル」

    薬局薬剤師とケアマネが連携した服薬支援  茨城県介護支援専門員協会古河地区会と古河薬剤師会は、ケアマネジャーと薬局薬剤師が連携し、在宅要介護者の服薬支援を行う仕組みづくりに取...

  • 在宅の服薬適正化 「在宅総合診療医」 がカギ

     医療ニーズの高まる高齢者には、多くの薬剤が処方される多剤併用の傾向があり、日本はこの傾向が強いとされる。高齢者は薬物の代謝や排泄能力が低下するため、認知症のような症状がでたり...

  • 認知症施策「神戸モデル」 自己負担ゼロで診断・賠償

     神戸市は昨年4月に「神戸市認知症の人にやさしい街づくり条例」を施行した。それに伴い、今年4月から65歳以上の市民を対象に、「認知症診断助成制度」と「認知症事故救済制度」がスタ...

  • 認知症不明者 過去最多1万6,927人 警察庁

     警察に届け出があった認知症の行方不明者が昨年1年間に1万6,927人(男性9,274人、女性7,653人)に上り、前年を1,064人上回った。統計を取り始めた2012年以...

  • 老施協平石新会長「組織改革で信頼を取り戻す」

     特養、養護老人ホーム、デイサービスなどの全国組織である全国老人福祉施設協議会(以下、全国老施協)は、6月11日に定時総会を開催し、平石朗氏を新会長に選出した。副会長の未経...

  • 和光市・東内審議監逮捕 生保受給者の現金詐取容疑

    遺品管理など含め倫理観を高めていく必要  生活保護受給者から福祉事務所が預かっていた1,200万円のうち、200万円をだまし取ったとして埼玉県警は6月13日、詐欺容疑で和光市...

  • 17年度 メタボ健診実施率53%に 厚労省

     厚生労働省は先ごろ、特定健康診査(メタボ健診)の2017年度の実施率が53.1%になったと発表した。健診をスタートした08年度の実施率38.9%以来徐々に上昇してきたが、前々...

シルバー産業新聞社発行書籍のご案内

>> 改定2018年版 介護報酬ハンドブック

全サービスの基本報酬・加算等を網羅した一冊です。

  • 詳細情報
  • お申込み


  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール