ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

生き活きケア
生き活きケア(103)「江古田の森」2016年8月10日08時05分

利用者・職員の安心支える巨大複合施設

c,sdopcjoaweidosjiawec;wo.jpg

 南東北福祉事業団(福島県郡山市、渡一夫理事長)と東京都中野区が共同で運営する江古田の森は、10の介護・障がいサービス事業所をもつ日本最大級の福祉の複合施設。7階建の建物内に、特養(120床)、老健(100床)、障害者支援施設(44床)、ケアハウス(60床)があり、入所定員は324人。他に、通所介護、通所リハビリテーション、居宅介護支援事業所、ヘルパーステーション、訪問リハビリテーション、訪問看護を運営する。開設以来、地域で暮らす利用者の安心・安全を第一に、職員の人材育成に力を注いでおり、事業所内保育施設の設置など、働きやすさを重視した職場環境を実現している。

個々の成長を促す人材育成の取組み

 同施設の特徴は、統一された人材育成体制。施設内では、現在300人以上の職員が働いており、一人ひとりのスキル向上のために行っているのは、チェックシートを活用した評価制度だ。厚生労働省のキャリア段位制度のチェックシートに準じており、内容は食事介助や移乗介助など多岐にわたる。自己評価と他者評価で、年に1回業務を見直し、評価結果により、その後の研修計画を策定。全体の評価が低い部分に関しては、事業所内研修を行うなど、施設全体のスキル向上に役立てる。

 また、5年前にISOを取得し、環境マネジメントシステムを取り入れた管理体制を整えた。施設内には、リスクマネジメント委員会があり、施設内の過去の転落・転倒事故をデータ化して蓄積。トラブル発生時の対処法を新人の育成などに活かす他、分析データを元に事故を未然に防ぐための設備の見直し等を行っている。

 「福祉サービス第三者評価」による外部評価を年に1回実施しており、昨年は、施設内での研修システムやリスクマネジメント委員会による事故発生防止の取り組みが評価された。

 現在は、新入社員の育成の他、3年以上勤務経験のある中堅職員の育成に力を注ぐ。同法人は、4年後の19年に世田谷区との共同事業として新たな複合施設開設を予定しており、新しい施設の中核を担うのは、江古田の森の中堅職員。毎月5回の「リーダー育成研修」を、外部講師を招いて行う。研修は5人1チームで行い、新入社員の育成方法など、それぞれの課題を持ち寄って、ディスカッションしながら課題解決に取り組んでいる。

働きやすさを支援する職場環境

 同施設では、一つの建物に様々な事業所が入っているため、障がい、介護、医療現場での職務経験を積むことができ、自らのスキルを磨くために、施設内の他事業所へ転向するなど柔軟な働き方を実現している。

 施設内のケアハウスで働く中島寛子副施設長は、障がいと介護両方の経験を積むことを希望して入職。中島氏は、「最初に配属されたのは、ケアハウス。そのあと障がい者支援事業所で勤務し、結果的に障がいと介護両方の事業所を経験することができた。勤務地を移動することがなく、様々な事業所で自分を生かせる場があることのメリットは大きい」と話す。

 施設内には職員向けの保育施設「森のほいくえん」を設置しており、現在職員の子ども5人が利用。3歳までの子どもを預けることができ、保育施設の職員は、全員が保育士資格保持者。中島氏は、「開設9年を迎え、継続して働く職員の多くが産休を取得している。子供を預けて働ける安心感があり、育休も取りやすい環境」と話す。

 また、施設内には、職員食堂も。一食350円で、栄養バランスのとれた食事を提供しており、利用する職員は多い。柔軟な働き方を支援する体制と、働きやすさを重視した施設設備を整えている。

大人の学校で講座受講 

 江古田の森から400mほど歩いたところに建つ別館「アネックス」は、2年前に開設。アネックス内のデイサービス「ゆずりは」では、月に十数回開かれる「講座」が人気だ。11月のスケジュールでは、「マイナンバー講座」「ノロ予防講座」「防犯講座」などを予定。利用者の家族からも好評で、「うちのお父さんがいるときに防犯講座を行ってほしい」と要望が来ることもあるという。

 毎年秋に行う「江古田の森祭り」では、別館も含め、施設内で働く全職員が参加。利用者、近隣住民を集めて大々的に行い、今年は1,000人以上が集まった。イベントでの交流を通し、職員どうしのきずなや利用者とのかかわりを深めている。

「生き活きケア」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール