ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

その他コラム
シニア住まい塾《95》高齢者が民間ホームに望むあれこれ2015年8月20日15時18分

 最近、新しいサービス付き高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホームの内覧会のお知らせが「シニア住まい塾」にたくさん舞い込みます。シニア住まい塾に寄せられた消費者側の意見をまとめました。

 高齢者が気にするのは、居室の向きと広さ、設備です。向きは南向きが一番ですが、中庭を囲むようにして造ったところは、向きが東西南北になります。ある住まいでは、西向きで富士山が見えるところがあります。西陽は嫌われると思いがちですが、夕方に陽が当るのは元気がもらえる、という方が案外多いです。

 居室の設備としては、トイレと洗面台の選び方です。ひところは、トイレや洗面台は認知症になったら、配管に物を詰まらせてしまって水浸しになるので居室にはつけない、という所も多くありました。ですが、最近ではほとんどの所がトイレと洗面台は居室内にあります。トイレの入り口が木製の所、アコーディオンカーテンの所、布カーテンのところとあります。

 トイレの扉は木製がいいという理由は、臭いの問題のほか、高齢者は足が弱ってくるにつれ、あちこちにつかまって歩くので居室内につかまるところの多い方を喜ぶのです。木製の扉だとつかまっても安定していますが、布カーテンでは不安定です。アコーディオンでもつかまりにくいです。扉はカーテンでも木製の扉でも消防法では許可されているので、「車いすになったらカーテンの方が便利です」という理由で布カーテンのところもあります。これは入居者側が選択する問題だと思います。

 もう一つは洗面台です。洗面台をトイレなどの水周りゾーンとは別に居室内につけているところがあり、この位置を入居者は気にします。居室内にあるところでも、介護度の重い人は気にしません。

 自立している人は「この洗面台で顔を洗って、コーヒーカップを洗い、自分で洗いたい下着や食べたいリンゴを洗って、居室の掃除をする雑巾を洗うの?」と聞きます。洗面台が狭く浅いほどそういう声は多いです。さらに居室にあるということで、下がビショビショになってしまうとも言います。洗面台の位置と深さ、大きさは運営側にはもっと考えてほしいです。

 布団を干す場所も入居者には大事なことで、「どこに布団を干せば良いの?」とよく聞かれます。ベランダのないホームが多く、ベランダがあってもベランダでの布団干しは禁じている所もあります。布団を取り込む時に万が一体が引っ張られて落ちてしまう危険がある、景観上の問題もある、ベランダは避難通路も兼ねているので物干しは置けない、など運営側の意見もあります。ベランダに背の低い竿を渡し、そこに布団を干す、またはその時だけ居室の椅子をベランダに持ち出して、椅子の上に布団を干すなどの工夫をしている所もありますが、いずれにしろ入居者への説明は大事です。

 床をフローリングにしている所、カーペットを敷き詰めている所とありますが、これは入る人の好みの問題もあります。フローリングにして入居後に自分の好きなカーペット、または電気カーペットを敷くなど、選択できるようにした方が喜ばれます。女性はフローリングの方が清潔でいい、という方が多いのですが、運営側はカーペット敷きの方が階下への音の問題が少ない、といいます。

 お風呂の問題は大きいです。時に自立者と要介護者が一緒のホームでは入居前の説明が難しいです。要介護者はケアプラン上は週に2回入れば制度上ではよし、となっています。ところが、入居前の説明で自立の人にもお風呂は週に2回と説明してしまうホームがあり、それらのクレームはシニア住まい塾に届きます。自立の人は自分で入れるのですから毎日でも可としているところは多いのですが、週に2回を超える時は1回200円ほどを徴収している所があり、その方が不公平感がないのか案外うまくいっています。

 自立している人は外出も多いので、外から帰ってひと風呂浴びたいと夕方までお風呂に入れるのかは大きな問題です。大浴場のところ、個浴でも入浴時には札を下げて順番に入る所と様々ですが、入居者の側に立つと、入浴できる時間と回数は大きな問題です。

0313senior.jpg

仕切りにカーテンを設けたトイレ

0313senior2.jpg

入浴についての取り決めは難しい

「その他コラム」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール