ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

その他コラム
シニアビジネスの未来地図⑩ サクセスフル・エイジングマップ(4)2013年10月18日12時12分

map1310.jpgシニアビジネスの未来地図⑩

■サクセスフル・エイジングマップ(4) 健康寿命(近畿圏広域版)

 以前、神奈川県の都市部で紹介した重度化マップを近畿2府4県で同様に分析した。図1は13年3月時点での、要介護2以上の高齢者数の予測値に対する実数値の比率を基礎自治体ごとに表している。数値が高い地域 (赤色) ほど重度化が進んでいる。

 重度化エリアは大阪市や大阪府南部、東部など特定の地域に凝集しており、この傾向は5年前とほぼ変わらない。介護サービス利用者の集客面で有利な都市部は事業基盤が確保しやすく、よりサービスの充実がはかられることも、要介護者を増加させる一因である。

 続く図2では、10年を基準とした、30年時点での後期高齢者数の推定増加率を示した。神奈川県と同様、 都市部を中心とした高齢化が顕著だが、 注視すべきは図1で重度化が低く、 かつ図2の増加率が高いエリアだ。

 具体的には兵庫県三田市や神戸市北区、西区などのベッドタウン、大阪府では高槻市や茨木市など大阪市中心部へのアクセスが簡便な地域に集中している。

 いずれも後期高齢者数が2倍程度増加すると見込まれているが、既に多くの介護サービスが提供されている都市部とは異なり、増大するニーズへのサービス供給量不足が危惧される。

 しかし一方で、国で検討されている介護予防から地域支援事業へのサービス移行や、自己負担割合の増加などはビジネス環境の変化に影響を及ぼす。介護市場が成熟していないこのような新興エリアこそが、保険外サービスを含む次世代ビジネスの活躍舞台としても期待できるだろう。  

 

技研商事インターナショナル

GSIラボ 所長 鈴木英之

http://www.giken.co.jp/

「その他コラム」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール