ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ケア用品レクリエーションで使える「箸タイム」2020年3月30日11時30分

 コミー(埼玉県川口市、小宮山栄代表)は、デイサービスや福祉施設などのレクリエーションで使える「箸タイム」を発売している。「箸タイム」の「箸ピーゲーム」は、お箸でピーナッツ(レプリカ)をつまみ、移動させるだけの簡単な動作で、1分間という限られた時間でいくつ移動できたかを競う。

 もう一つの「箸リングゲーム」は、少し高度なゲーム。直径2㎝から腕に入るほどの大きさのリング5種類を、はさみ技・つまみ技・ひらき技・てんぷら技・でんぐり技と名づけられた5つの技を使って、ゲーム台紙上に移動させる。はさみ技は、箸を開いて外側からリングを摘み上げる方法、つまみ技はリングの淵を持ち上げる方法、ひらき技はリングの内側を開きながら持ち上げる方法。そして、てんぷら技とでんぐり技は、手を回転させてリングを移動させる技。

 日常的に誰でも使う箸だが、リングの使い方次第で、指先や手首が柔軟に動いていくことが分かる。運動にもなる上、指先に神経が集中して、いつの間にか夢中になる。隣の人の動作も気になり、いつしか競争心やコミュニケーションも生まれる。すでにデイサービスや福祉施設でも利用され、利用者や介護職だけでなく、作業療法士からも評価の声があがっている。中には、ゲームをした日には自分から進んでお箸を持って食べたという事例や、レクに参加したがらない男性も進んで参加したそうだ。

 価格は3500円(税別)

1d42e9d3-3d54-4cbf-bc39-c42869f631c1.jpg

「ケア用品」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール