ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

ウェブ展示会アロン化成「温浴シャワーベンチHPフィット」など2020年6月 8日17時18分

「自立支援」 コンセプト商品に脚光

200610aron.jpg

 自立支援の切り口から「『やりたい』を『できる』に変えよう。」を掲げる同社は、入浴関連でも、新機軸の製品展開に取組んできた。新型コロナ感染症拡大により、デイサービスの通所を控え、訪問対応に切り替える利用者が増える中で、改めて入浴の自立につながる製品への注目が高まってきた。

 「温浴シャワーベンチH Pフィット」(9万8000円・税抜)は、シャワーチェアにミスト噴出機構を搭載している。浴槽に浸かることが困難な利用者でも、椅子に腰かけているだけで、洗体や温浴効果が期待できる。未使用時には折りたたんで、自立状態でコンパクトに保管できる。

 介助者にとっても、座面に「U字溝」があるので、本人が座ったままでお尻の洗浄ができるなど、介助量の軽減が期待できる。

 大がかりな取付工事もなく、自宅のシャワーホースに専用ジョイントを取付けるだけで、本体に差し込んで温浴シャワーの使用のほか、ワンタッチで付け替えて通常のシャワーとしても使用できる。汎用性も高く、ほとんどのメーカーのシャワーに対応する。自治体によっては、特定福祉用具販売の対象となる。

200610aron2.jpg

 「バスボードH―S/H―Lはねあげくん」(3万9800円・税抜)は、バスボードに跳ね上げ機構を取りつけた製品。特定福祉用具販売対象。

 「立位での浴槽跨ぎ動作」には不安を覚えるものの、浴槽に浸かったり、立ち上がったりはできる人の使用を想定。

 使用例は、一旦、浴槽に渡したボードに腰かけて、座った姿勢のまま安全に足を上げて浴槽を跨ぎ、浴槽内で立ち上がった後に、片手でボードを跳ね上げて入浴する。自分一人で入浴ができるほか、介助者の入浴介助負担を大幅に軽減する。

 問合せ☎03・3502・1401

 同社商品紹介ページ https://www.aronkasei.co.jp/anju/products/nyuuyokukaigo-showerbench/1001254/

「ウェブ展示会」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール