ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

介護保険・行政緊急事態宣言受け都が通知 「感染拡大の場合、介護サービスの休業要請も」2020年4月10日12時50分

当面は「必要なサービス継続を」

 東京都は4月9日、国の緊急事態宣言を受けて、都内の介護サービス事業所や施設管理者を対象に必要なサービスを継続的に提供するよう通知した。

 休業を要請する業態や施設については、国と都で協議を行っていたが、介護サービスについては「利用者やその家族が生活を維持する上で欠かせないもの」として、通知に至った。

 一方で、さらに感染拡大が起こった場合には通所、短期入所サービスについて、期間を定めて休業要請を行う可能性にも触れている。その際は、保健所等との協議の上で、必要最小限の地域及びサービスに限定して行う。入所施設や訪問系サービスは要請の対象外とし「衛生管理などを行った上で、事業継続に努める」としている。

 休業する場合は、留意点として「居宅介護支援事業者等と連携して、適切な代替サービスの提供を確保すること」「東京都まで一報を」と呼び掛けている。

 担当者は、「当面は適切な感染予防対策をした上で、必要なサービス提供がされるようにお願いしたい。状況により、使用制限をお願いする可能性もあるが必要最小限との地域・サービスとしていきたい」と話す。

 緊急事態宣言後、東京都としての介護サービスに対する休業要請の方針を示したのは、これが初めて。

 

東京都.jpg

「介護保険・行政」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール